全国統一高校生テストに向けて【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2018年 10月 25日 全国統一高校生テストに向けて【東進HS町田校】

こんにちは!
2年生で埼玉大学工学部に通っている芦田隼高です。
季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですね。
上着を着て、マスクをして、
体調管理をしっかりしていきましょう!
さて、今週のテーマは
全国統一高校生テストに向けて
です。
このテーマについて話すのは私で4人目になります。
模試の分析についての話や
受験に向けたスケジュール管理について
書かれています。
なかなか興味深い内容になっていますので、
ぜひ参考にしてみてください!

本日私が話す内容は、
「模試を受ける目的を明確化する」
ということです。
突然ですが
今回全国統一高校生テストを
受験される皆さんにお聞きします。
今回なぜ模試を受けるのですか?
「自分の現状を知るため」
という方や、
「友達に誘われた」
あるいは
「親に申し込まれた」
という方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。
理由はなんであれ、今回模試を受けることで
何をゴールにするかということは
受験をする前に
予め考えておくことが大事だと思います。

目的を明確化しておく利点

目的を明確化しておくことには2つ良いことがあると思います。

1.大きな目的を見つけるきっかけになる

1つは、自分が何を果たしたいのかということについて
考えるきっかけになるということです。
それは、
少しオーバーですが人生においてでも、
高校生生活においてでも、
なんでも良いでしょう。
目的を持つことは自分が本当に果たしたいことを
気づかせてくれるきっかけになります。
例えばこんな感じです。
「自分はなぜ模試を受けるのか?」
→「現状を知って受験勉強する為だ。」
「なぜ受験するのか?」
→「大学に行って勉強したい事があるからだ。」
・・・
このように何かに対して
目的を明確化しようとすれば
自分が本当に果たしたい事について
気付いたり、再認識したりする事ができるのです。

2.次に繋がる

もう1つは、
目的を持つということは、
模試を受験することにおけるゴールを設定する
ということです。
ゴールがあるということはそのプロセスもあり、
ゴールにたどり着いたかという
結果も知る事ができます。
この結果というのは模試の点数
ということではありません。
模試を受けた後、事前に設定したゴールに辿り着けたか、
どこまで達成できてどこは達成できなかったという事を
測れる指標ができるということです。
そうして測れる指標ができれば
「次はこうしてみよう」
という風に次に繋げられる
ネクストステップができます。
この繰り返しが自分を成長させ、
心から果たしたいと思う目的の達成に
導かれるのではないかと思います。

たかが模試かもしれませんが、
同じように受けている隣の人より
有意義なものにできたら
小さくとも達成感は得られますよね。
せっかく日曜日の1日という時間を使って模試を受けるので、
最大限自分の為になっていただければ
私たちも嬉しいです。

目的を達成するには具体的行動に
落とし込む事が大事です。
その方法は今日までにブログを更新してきた担任助手が
教えてくれていましたね。
ぜひ参考にしてください。
同じ授業を受けて、
同じだけの時間机に向かって勉強しているのに
成績に差がついてしまう原因は、
1回1回どれだけ深く考えているかによると思います。
全国統一高校生まであと3日ですが、
やれることを見つけて取り組みましょう!

本日が全国統一高校生テストの締め切り日です。