周りと差をつけよう!【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 6月 26日 周りと差をつけよう!【東進ハイスクール町田校】

皆さんこんにちは!

町田校担任助手3年の松田です。


法政大学社会学部メディア社会学科

に通っています。


6月も終わりに差し掛かってきました。
2019年も残り半分、と考えると

時間が経つのがとても早く感じます…


1日1日を大切に過ごしましょう!

 

さて、そろそろ高校生の皆さんは

期末テスト期間ですね。
「期末テストが終わったら、夏休みだ〜!」
と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

高校3年生は「受験の天王山」と言われる夏休みに突入し、

いよいよ、本格的な受験勉強が始まります。

 

高校1.2年生は部活があったり、友達と遊んだり、旅行に行ったりと

盛り沢山で勉強は後回し、、、

となりがちですよね?


しかし、以下をご覧下さい。


現役合格者と不合格者の

学習時間の差になります。


見てみると、高校3年生の学習時間が

圧倒的なのがわかると同時に、

合格者と不合格者の差がほとんどありません


つまり、高校3年生は

全員当たり前のように勉強するため、

周りと差がつきにくくなる

ということです。

 

そこで、差がつくのが

高校2年生までになります。


年間の差で見るとかなり差があると感じますが、

1日だと約30〜40分の差になります。

 

夏休みなどの長期期間に勉強するのはもちろん、

今からでも1日30分多くやるだけでも

将来の差に繋がります。

 

期末テストが終わり、

テストで間違ったところの復習や弱点克服を

夏休み前の記憶が新しいうちに

しっかり学習しておくことで、

夏休みの勉強がやりやすくなると思います。

 

只今、東進ハイスクールでは

夏期特別招待講習の申し込みを受け付けおり、

夏休みからではなく、

すぐに受講開始することができます!


自分だけでは勉強の仕方が分からない!、

弱点克服を早く済ませたい!、

少しでも周りと差をつけたい!

という人は、是非お申し込み下さい!

 

スタッフ一同校舎にてお待ちしております。