夏休み前の勉強の必要性【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 6月 20日 夏休み前の勉強の必要性【東進ハイスクール町田校】

 

こんにちは
町田校担任助手1年の
岩崎萌です。

 

6月も中旬になり
夏休みまであと少しとなりました!

 

本日は、
夏前の勉強の必要性について
お話していきたいと思います!!! 

 

 

 受験生の夏休みは15時間勉強が当たり前
夏休みになると
学校も無くなり
自分が使える時間も
増えますよね?

 

4月に、受験生は15時間勉強しなくてはいけない
と言われたことを覚えてますか??

 

もしかしたら
そんなにやらなくてもいい
と思った人もいると思います。

 

しかし、最近は受験が本当に厳しくなっており
模試などでA判定を貰ったところでさえ
入試本番では不合格だったということも
起きてます。

 

つまり、受験で勝つためにはまず
勉強時間をしっかり確保しなくてはなりません

   しかし、15時間勉強を急に始めて
   約1ヶ月続けられるでしょうか?
大体の人が最初の1週間しか
頑張れないと思います。

だからこそ、少しずついつもより
勉強時間を伸ばすために
開館から来て閉館までいるという
ルーティンをつくっていきましょう。

私の受験期は
常に誰よりも1番になるということを
目標に頑張っていました。
そういう目標がきっと
夏休みの原動力になると思ってます!!!

 

 

 

⑵ 基礎をしっかり固めよう
6月にもなりセンターテストや二次試験の過去問を
やり始めた人も多いと思います。

最近、受講もある、過去問演習もある
という生活に追われて
基礎演習を忘れていませんか???

基礎というものは、全ての問題の土台です。
土台がガタガタなのに上から応用を
付け加えても崩れてしまうのは
みなさんわかりますよね?

夏休みを迎えると
過去問演習や暗記科目、苦手科目に
時間をほとんど費やします。

 

なのでこの時期に基礎を固めないと
夏休みに基礎を徹底する余り
過去問演習に遅れが出てきてしまうということも
あると思います。

だからこそ!!!
今この時期にみなさんに
基礎の徹底をしてほしいです!!!
今日からがみなさんが
少しずつ頑張ってくれることを願ってます!!

夏休みをみなさんにとって
受験生活の転換点になれるよう
精一杯応援します!!!