夏前の学習の重要性【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 6月 12日 夏前の学習の重要性【東進ハイスクール町田校】

こんにちは!

 

 

町田校担任助手

 

 

1年の守屋です。

 

 

法政大学

 

 

社会学部

 

 

社会政策科学科に通っています!

 

 

 

先日、全国統一高校生テストが行われましたが、

 

手応えはどうでしたか?

 

成績が良かった人も、悪かった人も復習が大事になります。

 

模試の復習方法については、

 

先日の井上先生のブログに載っているので

 

是非参考にしてみて下さい。

 

さて、本日は夏前の学習の重要性についてお話ししたいと思います。

 

 

皆さんは、夏休みをどのようにして過ごそうと考えていますか?

 

 

海やプール、お祭り、旅行など、やりたいことはたくさんありますが、

 

 

受験生の皆さんは勉強です!!

 

 

では、具体的にはどのくらい勉強すべきなのでしょうか?

 

 

受験生の皆さんは115時間です!!

 

 

夏休みはおよそ40日間あり、毎日15時間勉強をすると

 

 

夏休みだけで600時間、勉強することが可能です。

 

 

この600時間をどう過ごすかが

 

 

皆さんの将来を左右すると

 

言っても過言ではありません

 

 

そんな夏休みに、

 

東進では、

 

験生の皆さんには、

 

センター試験の過去問10年分と

 

 

二次・私大の過去問を解いてもらいます。

 

 

そのため、夏前までに基礎力を完成させる必要があります。

 

 

 では、どのようにして夏前までに基礎力を完成させればいいでしょうか?

 

 

私は受講の早期修了高速マスターの徹底だと考えています。

 

 

受講で問題の“やり方”を学び、

 

高速マスターで基礎事項を繰り返しやることで、

 

理解を深め、

 

自分の知識として定着します。

 

そこで培った知識を点数に結び付けるには演習しかありません。

 

高速マスターでは、

 

テストモードを用いることでアウトプットを行うことが出来、

 

テストモードで間違った単語はMy単語として自分だけの単語帳になるため、

 

インプットとしても活用することが出来ます。

 

My単語は、

 

高速マスターのテストモードで二回正解すると修得になるので、

 

自分の弱点であるMy単語を少なくしていくことで、

 

自分の基礎力を高めることが出来ます。

 

是非、高速マスターを上手に活用して基礎力を高めましょう!

 

さて、ただ今東進では、

夏期特別招待講習

のお申し込みを受け付けております。

 

夏は受験の天王山!

充実した夏に向けて、

頑張りたいという

みなさんをお待ちしております!

 

詳しくは下のバナーをクリック!