夏前の学習の重要性 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 6月 30日 夏前の学習の重要性

こんにちは!

東進ハイスクール町田校の守屋です。

私は法政大学社会学部に通っています。

 

6月も今日で終わり、

本格的に夏に突入しようとしていますが、

夏休みの準備はできていますか?

受験生にとっての夏休みは

『受験の天王山』

といわれており、

夏休みの過ごし方で第一志望の合否が左右される程重要な期間になります。

 

そこで、本日は夏前の学習の重要性についてお話していきます!

基礎を固める

すでに始めている人もいるかと思いますが、

皆さんは、夏期からセンター試験、

二次・私大の過去問演習に取り組むと思います。

ですが、基礎ができていないのに、

過去問演習のような応用問題に取り組んでいても時間の無駄です。

基礎が完成していないまま、

応用をいくらたくさんやっても、

納得感や達成感は得られず、

自分のものにはなりません。

そのため、この時期に基礎を固めておかないと、

夏休みに基礎作りをしなければいけなくなります。

このような事態に陥らないためにも、

受講の早期修了、高速マスターを徹底し、基礎力を養いましょう!

そして、寝る前に一日の総復習をしましょう!

人は寝ているときに記憶や知識を整理しているといわれています。

つまり、寝る前にその日やったことを総復習することで、

その日に得た知識を整理して効率よく自分のものにできます。

 

また、夏に計画的に勉強するために、

1日の予定を決める

ことも大切なことです。

皆さんは合格設計図で夏休みまでの予定を立てていると思います。

しかし、1日の中で予定をしっかり管理することができていますか?

予定が遅れてしまうことはありませんか?

受験生の皆さんは、

夏休みに一日15時間勉強すると思います。

これだけの長時間では、

少しの遅れが積もって最終的には大きな遅れを招きかねません。

それを防ぐためにも、また万が一遅れても

リカバリーできるように、一日の予定を分単位で

管理してみてはいかがでしょうか?

 

東進ハイスクール町田校では、現在夏期特別招待講習を行なっています。

「将来なにがしたいかわからない」「どんな大学があるかわからない」などの相談から、

受験勉強全般の相談までご対応いたします。

ぜひ一度、校舎にお越しください。

お待ちしております。