学校と受験勉強の両立【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 10月 7日 学校と受験勉強の両立【東進HS町田校】

こんにちは。
担任助手1年の土江祐歌です。
 早稲田大学創造理工学部
建築学科に通っています。


昨日は久し振りに気温が低く
だなという感じがしましたね。

さて、皆さん、
多くの高校が
文化祭や体育祭を終え
普段の高校生活に戻ってきた頃
かと思いますが、
学校と受験勉強を
両立できていますか?


[受験生の皆さん]


センター試験まで
あと3ヶ月と少し
となってきましたが、
両立できていますか?


焦る気持ちもわかりますが、
最後までどちらも手を抜かないこと
悔いの残らない受験に
繋がっていくはずです!
(と私は思っています)


受験勉強一本に絞りたいから、
学校を休んで塾に行こうというのは
一見、勉強量が増え、
良いように見えるかもしれませんが、
実際どうなのでしょうか?


たしかに、学校では
自分の第1志望の大学の対策や
自分の苦手分野の演習のみ
をしてくれるわけではありませんが、
良いこともたくさんあります。


①基礎の復習
普段一人で勉強しているときは、
自分のできない教科や分野、
今の時期だと過去問演習
が中心になってきますが、
学校では広い範囲のこと
を扱ってくれるので
勉強の偏りが緩和されます!


②受験情報を得られる
塾でもある程度の情報
を得ることはできますが、
より素早く正確に
情報量を得られるのは
学校だと私は思います。


③息抜き
ずっと家や塾に
引きこもっていては
集中力が続きません。
入試直前はインフルエンザなどの
感染症予防で学校を休むのは
ありだと思いますが、
今の時期は
家、学校、塾くらいの
勉強場所のバリエーションを作って、
定期的に脳に刺激を与えるのが
良いと思います。
友達と喋る中で
不安な気持ちを軽減できたり、
気分転換をしてまたやる気スイッチがONになったりすることも、
脳にとってプラスの刺激
になると思います。


[高校1,2年生の皆さん]


学校生活は充実していますか?


部活に委員会活動に宿題…
と忙しく、
1週間1ヶ月があっという間に過ぎていて、
気がついたら定期テスト前で大焦り
なんて人も多いのではないでしょうか?


もちろん、
今自分が熱中していることに
全力を注ぐことが大事ですが、
まだ1年もしくは2年あるぞ
なんて思わずに、
今のうちから少しずつ
受験勉強をスタートさせる
ことが大切です。


①隙間時間の活用
部活生の皆さんは
疲れていて眠たいかもしれませんが、
電車の中や寝る前ちょっとした時間
などを、英単語の勉強などに
使えていますか?
どんなに短い時間でも良いので、
隙間時間の有効活用
習慣化することが大切です。


②定期テストの活用
高校1,2年生の皆さんは、
毎日まとまった時間を
勉強に当てることが難しい分、
年に4〜6回ほどある
定期テストを活用する
ことが大事です。


定期テストは直前の何ヶ月かで
新しく扱った内容がメインになるので、
そこできちんと点数が取れていれば
授業の内容が身についていることを
確認できます。


1,2年生で成績が悪かった人が、
受験生になったら急に良くなる
なんてことは有り得ません。
何事も積み重ねが大事です。

 

今日は学年ごとに
「学校と受験勉強の両立」
についてお伝えしました。
高校生という貴重な時間を
全力で謳歌しつつ、
受験勉強にも全力で取り組めるように、
皆さん頑張りましょう!!

ただいま東進ハイスクールでは、
10/27(日)に行われる
全国統一高校生テストの
お申し込みを受け付けております!
無料で、自分の得意な分野や弱点を
見つけられる機会になっていますので、
ぜひお申込みください!
詳しくは以下のバナーから