模試の復習法について | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 8月 28日 模試の復習法について

こんにちは!
法政大学社会学部1年の

藤原由樹です。

夏休みも終わりに近づいてきて、

学校が始まった人も増えてきましたね。
夏休みに比べて

圧倒的に自分の勉強時間が削られる

と感じる人もいるかもしれませんが

その分今こそ学校の授業をないがしろにせず

上手く活用して

レベルアップしていきましょう!
 

 

さて

今日は模試の復習の仕方について

お話したいと思います。

そもそも模試というものはなぜ受けるのでしょうか?

自分が今ほかの受験生と比べて

どこの位置にいるのかを客観的にみる

形式や雰囲気に慣れる

など様々な理由があげられると思います。

その中でも

私が模試を受ける1番の理由として考えているのは

苦手を見つけ出す

ということだと思います。

苦手というのは

ただ勉強のジャンルや単元に限った話ではありません。

普段は平常心で解けるのに

試験になると焦ってしまい時間が足りなくなる

ということも苦手の1つです。

模試の復習・振り返りをする時は

上手くいった時も失敗してしまった時も

その時の自分の感情や感覚もしっかりと振り返り

次同じミスを犯さないために

対策を練っていきましょう。

 

さて、具体的な復習法についてです。

①同じ時間でもう一度模試を解く。

基本的なことに見えて

意外とやってる人は少ないのではないでしょうか?

自分が間違えた所だけやるのが効率的じゃん!

と思うかもしれません。

ですが

それだけでは模試を100%活用できてるとは言いません。

これをやる意味としては

どのくらいのペースで模試を進めて行けば良かったのか

という確認とともに

正解したけどたまたまだった

という隠れ苦手を見つけるためです。

間違えたところを復習した上で

もう一度同じ問題同じ問題時間内に解いてみてください。

 

②類題をとく

振り返りから苦手を発見したら

大問別問題演習や問題集からその分野の類題を解いて

間違えた所を完璧にしましょう。

 

以上の2点がおすすめの復習法です。

模試が上手くいかなかった人からすれば

模試の復習というのは時間もかかるし精神的にも苦しいですよね。

でも

試験本番までに自分の苦手が見つけられた!

と思えばむしろ大きなチャンスです!

しっかりと自分と向き合い

今回間違えた問題やジャンルは二度と間違えない!

という気合を入れて

復習を頑張りましょう!

 

 

東進ではいつでも無料で体験授業や、
進路や大学受験についての
相談などを受け付けています。

是非町田校にお越しください!
スタッフ一同お待ちしております。