模試は合格への大チャンス!【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 4月 29日 模試は合格への大チャンス!【東進HS町田校】

みなさんこんにちは!

東進ハイスクール町田校の林です。

私は今東京工業大学経営工学系に通っています。

東京工業大学では大学の中では珍しく

10連休のGWなので、この機会に今までの復習をしようと思います!

さて、先日の野中先生の記事はご覧になりましたか?

簡単にまとめると、

部活で忙しいからこそ、今から行動を起こそう!という内容でしたが、

(まだ読んでいない方は是非確認してみてください!)

本日はそのための第一歩として

模試の活用法についてご紹介させて頂きます!

突然ですが、皆さんは模試に対してどのようなイメージがありますか?

問題難しいし、忘れているし、点が取れないから好きじゃないなあ

模試で1日時間をつぶすくらいなら、自分の勉強がしたいなあ

などという意見もあると思います。

(実は私も高校2年生までそうでした…)

しかし、模試はそんな

難しい、点が取れないという人にこそ

最大限有効の効果を発揮します!

 

そもそも模試というものは

入試本番に万全の状態の自分で向かうために

自分の知識の漏れや、できないところを確認するツールです。

旅行や遠足の前に荷造りをすると思いますが、

大事な用事ほど入念に忘れ物がないか確認しますよね。

そのチェック作業と同じことを模試でも行っています。

つまり、模試で点数が低い=解けないところ

が見つかるということは

そのまま入試本番に行かなくてラッキー!ということなのです!

 

普段自分の学習をしていると、

一部の範囲の勉強に集中してしまいがちなので、

自分のできないところに気がつくことが難しいです。

その点からも模試は、

新しい自分の伸びしろに気がつくことができる大チャンスですね!

 

模試に対してポジティブなイメージを持てたところで、

模試を生かしきるために最も重要なことは

なによりも復習なので

ここから、林流の模試の復習法を紹介させていただきます!

先ほど述べたように模試を受験することのゴールは

入試本番に漏れのない状態で臨むということです

このことを踏まえて

ポイントは以下の3つです!

1.間違えた原因の明確化

まず、自分の出来なかった問題から

自分のできないところを見つけ、明確化します。

「できない」「できる」に変えるためは、

対象の明確化が重要です。

逆上がりが出来ないとき、

ただがむしゃらに何度も逆上がりの練習をしても、

疲れてしまうだけで、なかなかできるようになりません。

(私がそうでした…)

しかし、腕の筋肉が足りないなどの具体的な原因が分かれば、

腕のトレーニングに力を入れることによって

簡単に逆上がりのマスターに繋がります。

つまり、原因の明確化とは

言い換えればゴールへの近道を探すということなのです

せっかくたくさん勉強しても、目指すゴールが間違ったものだったなら、

結果にはあまり結びつきません。

勉強するのなら、正しい方向に努力して、効率的に結果を出したいですよね!

原因の明確化はそのために不可欠なはじめの1歩です。

是非、しっかりと原因を考えてみてください!

 

2.自分で1から解けるようにする

みなさん、復習をするとき

解説を読んでわかった気になっていませんか?

問題集や模試の解説は

わかりやすく作られているため、

読むだけで、なんとなく解けた気になってしまうことが

往々にあります。

しかし、これはかなり危険なことなのです。

実際は解けないのに、わかった気になってしまうことで

せっかく見つけた「自分のできないところ」

を見逃してしまうからです。

それを防ぐためには、

解説を見た後に、

解説を見ずに自分で1から解ききるにはどうすればいいか

考えることが大切です。

是非、解説を見るだけでなく、自分で手を動かして解いてみてください!

実際、解説を読んだ直後に問題を解き直しても

上手く解けないこともあります。

実際に解いてみることで

自分の本当の能力を正しく把握してみてください!

 

3.繰り返し復習する

人の記憶というものは、時間が経つにつれて

どんどん忘れていってしまいます。

模試の復習を通じて得た知識も例外ではなく、

1か月2か月とどんどん忘れていってしまいます!

それを防ぐためにおすすめするのが

繰り返し復習するということです。

エビングハウスの忘却曲線という言葉が

このブログにも何回か出てきますが、

繰り返し復習することによって

記憶を定着させていくことが出来ます。

さらに、定着していなかった問題を

復習を通じて再度確認できることはもちろん、

昔は解けなかったのに今回解いたら解けるようになっている!

という自分の成長に気が付くきっかけにもなり

自信を持つこともできます!

せっかく復習を通じて修得した知識ですから、

長く保ち続けるために、繰り返し復習してみてください!

 

模試は受験者も多く、

ライバルである受験生も多く受験しています。

もちろん模試で出た問題が入試本番で出題されることもあります。

そのような試験だからこそ、

復習を怠ってしまうと、

他の受験生がしっかり復習し、確実に得点につなげた問題を

入試本番で落としてしまうことにつながりかねません。

入試で差がつくのは、

みんなが解けない難問がとけることではなく、

解けるはずの問題を落としてしまうことです。

「あのとき復習してれば」という後悔をしないためにも、

1つ1つの模試の復習を全力で頑張ってください!

 

さて、東進ハイスクールでは

高3生対象部活生招待講習

高1,2生対象定期テスト対策特別招待講習

のお申し込みを受け付けております。

5コマから10コマの授業を

無料で体験することが出来ます!

 

 

更に6/9(日)には

全国統一高校生テストが行われます。

是非この機会を有効利用し、

勉強の効率的なアプローチを探すきっかけにしてみてください!

詳しくは以下のバナーをクリック!

お申し込みをお待ちしております!

全国統一高校生テスト