過去問演習の大切さを再確認しよう!【東進HS町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 10月 29日 過去問演習の大切さを再確認しよう!【東進HS町田校】

こんにちは!


東進ハイスクール町田校

担任助手1年の大野麻莉菜です。

横浜市立大学理学部に通っています。

 


一昨日は全国統一高校生テストがありましたね。

受験されたみなさん、お疲れ様でした!

納得のいく力が発揮できた人も
そうでない人もいると思いますが、

模試は受けた後が大切です。

なるべく早く復習と分析をして、

今後の勉強にいかしていきましょう!

 

 

さて、今日は過去問演習の大切さについて話していきます。

受験生は何度も言われたことがあるかと思いますが、
改めて一緒に確認していきましょう!

 

①志望校の傾向を知る

自分で実際に問題を解くことで、
何がどのような形式で出題されるのか
を把握することができます。


ゴールが見えないまま勉強し続けるよりも、
自分が到達すべき目標を見定め、
そこまでの最短距離を確実に進んでいくことが
合格
につながります!

 

②志望校の傾向に対する自分の弱点を知る


志望校の傾向を知ると同時に、
今足りていない力を知ることも大切です。
解きやすいのか、時間は足りるか、
合格ラインまであと何点取れればいいのかなど
様々な角度から分析してみてください。


そこから、何を克服・訓練して
合格ラインまでもっていくのかを
具体的にイメージしましょう!
具体的であればあるほど良い分析に
することができると思います。


特に第一志望に関しては、
友達に語れるくらいに
分析をしてみてください!

 

③得点力を養う


分析ができたら、あとは演習を
積んで力を伸ばしていくのみです!
東進生は単元ジャンル別演習
という演習講座があると思います。


今までの模試の成績や過去問演習を
AIが分析し、それぞれの力を
伸ばすための演習問題を
提示してくれます。


特に現役生は演習量が
足りていないことも多いです。
これからは演習の量

さらに意識して勉強に取り組んで
もらいたいと思います!


センター試験まで
あと81日、
頑張っていきましょう!