センター試験同日体験受験に向けて【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2018年 12月 21日 センター試験同日体験受験に向けて【東進ハイスクール町田校】

こんにちは!東進ハイスクール町田校の井上です。
慶應義塾大学経済学部に通っています。

受験生の皆さん、ついに、
センター試験本番まで1ヶ月を切りましたね!
高1生・高2生の皆さんも、
センター試験当日に実施される、
「センター試験同日体験受験」
まであと1ヶ月を切っています。
高1生・高2生の皆さんは、すでに志望校合格に向けて勉強を始めている人も多いかと思います。
1年間を有効活用できるよう、
東進では、12月1日から新年度とし、
高2生は新高3生、高1生は新高2生として
スタートしています。
まだ志望校合格に向けた勉強を始めていない人は、
1日でも早くスタートを切りましょう。

今日は、すでに本格的に受験勉強に取り組む新高3生・新高2生、
そして、そろそろ受験勉強を始めないとなぁと考えている新高3生・新高2生のために、
「難関大合格者が受験1年前のセンター試験でどれくらい得点できていたか」
について紹介します。

難関大現役合格者の高2時点の成績を調べるため、
2018年に現役受験した東進生の合否と
その生徒が入試本番1年前(高2の1月)に
受験した「センター試験同日体験受験」
の結果を分析したデータがこちらです。

受験した大学別にグループに分け、
それぞれ高2時点での
センター試験の英語の平均点を算出してあります。

その結果、
難関国立の合格者平均は157.1点、
早慶合格者は143.8点と、
センター試験本番の受験生の
全国平均123.7点を
いずれも大きく上回っていました。

難関国立および早慶の現役合格者は
入試本番1年前の高2の時点で、
すでに高3生と戦えるレベルの英語力
身につけていたと言えます。

新高3生(現高2生)と新高2生(現高1生)は
2019年1月19日(土)・20日(日)
「センター試験同日体験受験」
を必ず受けて、
今の学力と自分の得意・不得意な分野を
しっかりと把握しましょう。

東進ハイスクールでは、
センター試験同日体験受験のお申込みを
受付中です。
また、冬期特別招待講習のお申込みもまだまだ受付中です!

ぜひお気軽にお申込みください!校舎でお待ちしております!