春休みに向けて!【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2019年 2月 1日 春休みに向けて!【東進ハイスクール町田校】

こんにちは!
慶應義塾大学経済学部の井上です!


2019年がはじまって早くも1ヶ月が経ち、2月がスタートしましたね!
さて、今日のテーマは、

「春休みにやっておくべきこと」
です!
まだまだ寒いし、そもそも定期テストも終わってないよ!と思うかもしれません!
しかし!高校生の春休みは短いですよね!
「テストが終わって春休みになってから考えよう」では、あっという間に春休みが終わってしまい、結局何もできなかった、なんてこともあるかもしれません。
 
特に、春休みを使って1年間の総復習をしよう、基礎固めを徹底しよう、と考えている皆さんは、要注意です!
基礎の総復習などは思ったより時間がかかるので、しっかり計画を立て、春休みからと言わず早めに始めていきましょう!
 
私が高校生の頃、この時期にやっていた基礎固めを紹介します。参考にしてみてください!

 

私は国立文系志望だったのですが、数学が非常に苦手で、

このままでは受験で使えない!と思い、何としても高3になるまでには基礎を完璧にしようと一念発起しました。計画としては、

1. 高2の1〜3月で数学IAⅡBを総復習して、基本問題・典型問題は完璧にする。

2.そのために1週間で1章分マスターする。

3.時間が確保できる土日に丸1日かけて1章分の問題を全て解く。その際は解答を見ながら、理解することに重点を置き、解法を正確に覚える。

4.その週の平日は、毎日1〜2時間程、土日にやった章の問題を繰り返し解き直す。

これを毎週繰り返して、数学IAⅡBの基本問題・典型問題の解法をマスターしました。

あまりにも数学が苦手だったためか、なかには何十回も解いて、やっと解法を覚えた問題もありました。しかし、この時期に基礎を固めたことで、高3になってからセンターレベルはもちろん、応用・入試レベルの問題演習をスムーズに行うことができました。


高校2年生にとっては、高3になる前のこの時期が基礎固めのラストチャンスです!
高校1年生も、受験勉強のスタートにフライングはありません!!

ただいま、東進ハイスクールでは、新年度特別招待講習のお申し込みを受け付けております。「新学年になる前に始めたい!」そんな皆さんをサポートします!お申し込みはこちら。