模試の復習【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

2019年 6月 10日 模試の復習【東進ハイスクール町田校】

 

こんにちは!

1年担任助手の

井上結希乃です。

青山学院大学

教育人間科学部 教育学科

に通っています。

梅雨入りして

気分が上がりませんが

雨に負けず毎日がんばりましょう~!

 

さて、昨日は

全国統一高校生テスト

が行われましたが、

どうでしたか?

うまくいった人、いまいち結果が出なかった人

それぞれいると思いますが、

本日は

模試の復習について

お話していきます。

 

皆さん、模試の復習は行っていますか?

模試は

今までの勉強の成果を試す機会

でもありますが、

同時に

弱点を知る機会

でもあります。

復習を行わずにそのままにしていたら、

発見された弱点は

いつまでも克服ないので

成績も伸びません。

つまり、

大事なのは

「模試を受けること」

ではなく

「模試を復習して今後に活かすこと」

です。

 

では、どのようなタイミングで行えばいいのでしょうか。

模試の復習は

3回を目安

にやるのをお勧めします。

1回目は、

模試を受けた 当日or翌日 です。

反省点や、

自分の解けなかった問題を痛感している

このタイミングで行う事で、

次に生かすことが出来ます。

2回目は、

模試が返却された時です。

模試の記憶がすこしずつ薄れているタイミング。

返ってきた結果を見て、

再び復習することで

受験直後にやった復習が

さらに定着します。

3回目は、

2回目の復習から約1か月後です。

自分の間違えた問題(弱点)が

克服できているのか

確認できる

タイミングです。

 

また、これから

過去問演習をたくさんやる時期

になってきます。

いまのうちに

復習の仕方をマスター

することで

効率よく

演習を進めていくことが出来ます!

 

模試や過去問で

間違えた問題、わからなかった問題は

ノートに貼っておく

いつでも確認できるし、

それが積み重なると

自分だけの問題集・参考書になるので

おすすめです。

分からなかった単語類

もまとめておきましょう。

 

また、復習は、

模試だけでなく受験勉強に不可欠です。

記憶には

短期記憶長期記憶があって、

人の記憶はほとんどが

短期記憶です。

だから、

せっかく学習してもすぐに忘れてしまいます。

それを防ぐために

復習を行いましょう。

コンスタントに

復習を繰り返すことで

頭に長期間残るようになります。

 

復習がめんどくさいなぁ

と感じる人も多い

とは思いますが、

今回の

全国統一高校生テストを

チャンスに

復習方法を確立してみましょう!

 

 

さて、ただ今東進では、

夏期特別招待講習

のお申し込みを受け付けております。

 

夏は受験の天王山!

充実した夏に向けて、

頑張りたいという

みなさんをお待ちしております!

 

詳しくは下のバナーをクリック!