私が大学で学んでいること~会計学~【東進ハイスクール町田校】 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ

2019年 9月 8日 私が大学で学んでいること~会計学~【東進ハイスクール町田校】

 

こんにちは!
東進ハイスクール町田校の井上です。
現在は立教大学経済学部に通っています。

 

さて、夏休みが終わって、文化祭シーズンですね!

先日、水澤先生が経済学のことについて書かれていましたね。
経済学の種類について詳しく書いていましたね。

経済に興味のある人はこちらのURLをご覧ください!

一概に経済学と言っても、
たくさんのジャンルに分けられているんですね!

 

さて、僕も水澤先生と同じ経済学部ですが、
メインで学んでいるものは少し違います。

僕が経済学部でメインで学んでいるのは、
『会計学』です!

会計と聞くと、簿記などが思い浮かぶ人がいるのではないでしょうか。

しかし、会計学と簿記は似ているようで少し違います。

簿記は金銭管理に使う帳簿に記入する際のルールの事です。
対して、会計学はその帳簿から作られる「財務諸表」というものを読み解く学問です。

 

財務諸表は
企業の成績表と言われており、

それを見るだけで、
その企業が成長しているのか、衰えているのか
どこに強みがあり、どこに弱みがあるのか
その企業の異常や今後の動向など

企業に関する様々な把握することが出来るのです!

 

会計学を学び、財務諸表を読み解けるようになると、
投資などに役立てるが出来ます。

近年の副業ブームで投資などに注目が当たっていることで、
比例して会計学の需要が高まってきており、
本屋のあちこちで会計学の本を見かけます。

 

投資とか興味ない人にとっても、
この先ほとんどの皆さんは就職して
必ず社会人なりますよね。

その時に自分が働いている会社が

どのように利益を出しているのか
どの部分にお金を費やしているのか

といういうのは必要最低限把握しておくべきです。

 

これだけ会計学の話をしましたが、
大学では会計学しか学んでいないわけではないです(笑)

当然、僕の学科でも
マクロ経済学や経済思想、マーケティングも学びます。

実際、学科が異なっていても、同じ学部であれば、
学ぶことが出来る内容はそこまで変わらないというのが正直なところです。

 

総じて、会計学だけでなく、経済学というのは
今後生きていく上で必ず触れる『お金』の学問なので、

実用性の高い学問だと感じています!

 

経済系の学部だと、

他にも経営学部・商学部などあるので、

そのようなところに目を通してみると

また新しい発見があるかもしれません!

 

現在東進ハイスクールでは、

 

定期テスト対策特別招待講習

のお申込みを受け付けております。

 

 

 学校の勉強で
優位に立ちたい方、不安な方はぜひいらしてください!