2月 | 2021 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ 2021年02月の記事一覧

2021年 2月 28日 テスト前、焦ってない?【東進HS町田校】

 

こんにちは!

町田校担任助手の丸山さくらです。

現在、

東京学芸大学初等教育教員養成課程幼児教育選修

に通っています。

 

ついに前期の受験が全て終わりましたね。

本当にお疲れ様です!

一年間長いようで

あっという間だったのではないでしょうか?

国公立はまだ結果が出ていませんが

進学先が決まった人も浪人することを決意した人も

大学入学はゴールではないことを忘れないでください。

むしろ大学に入ってからがスタートだと思います。

入学出来たからと言って

怠けてしまっては意味がないので

大学生だからこそできることを自分で積極的に探して

充実した4年間を送ってほしいと思います。

 

 

さて、今日は

学校の定期テストと東進の勉強の両立の仕方について

話していきたいと思います。

 

 

今、まさに学校のテスト期間中の人が

たくさんいると思います。

期末テストなので科目数が多く

切羽詰まっている人がたくさんいるのではないでしょうか。

そして

テスト勉強がやばいから東進の受講は進められない!

という人が多いのではないでしょうか。

 

 

しかしそれでは

テストは短期間詰込みでしっかり身につかないし

受講は遅れるしで良いことが一つもありません。

テストの日程はだいぶ前から分かっていたはずですし

普段からコツコツ勉強していれば

テスト前に焦るということはないはずです。

まあそれができたら誰も苦労しないんですけどね(笑)

こんなことを言っている私も

東進に通い始めたばかりのころは

定期テストと東進の勉強をうまく両立することができずに

どちらかがおろそかになってしまうことが良くありました。

 

ではどうすれば良いのか。

それは東進の受講をがんがん進めることです。

先取り学習という言葉を聞いたことはありますか?

学校でまだ習っていない範囲を東進で先に学習し

学校の授業は復習として使うことで

他の人よりも早く確実に勉強を進めることができます。

この方法で勉強を進めていけば

学校のテスト範囲は事前に修得していることになるので

テスト直前に焦るということはなくなるはずです!

私も東進の受講をどんどん進めていたおかげで

テスト前はある程度余裕があり

テスト勉強にも東進の受講にも

しっかり取り組むことができました。

受講は進むし、学校の授業にもつながるし

好循環とはこのことですね!

受講をどんどん進めて

受験勉強も学校のテストも完璧な状態で臨めるようにしましょう!

 

 

現在、東進ハイスクールでは

無料で新年度特別招待講習を

行っております!

 

私たち町田校のスタッフ一同、

皆さんが学習をスタートする

きっかけを作れるように

全力で指導してまいりますので、

皆さんのお申込み心より

お待ちしております‼

申し込みは以下のバナーをクリック!!

 

新年度特別招待講習

 

 

2021年 2月 27日 まずは、はじめてみる。【東進HS町田校】

みなさん、こんにちは!

青山学院大学

コミュニティ

人間科学部に通っています!

担任助手の岩崎萌です!

 

今は春休みなので

普段は時間が無く、できないことに

取り組んで過ごしています。

 

突然ですが

私は、最近ある勉強を始めようか

とても悩んでいます。

 

悩んでいる理由として

勉強をしても落ちるリスクがある

大学と両立できるか不安

やり切れる自信がないなどが

挙げられます。

 

皆さんの中にも

受験勉強を始めようと思っても

部活と両立できるか不安

頑張って不合格だったらどうしよう

そんなに頑張る自信がない

など思って、行動できていない人は

きっといるはずです。

 

しかし、そのような気持ちを

ずっと抱えていても

行動に移さなくては

なにも変わりませんよね。

 

結論から言って大切なのは

「まずは、はじめてみる」という心です。

 

例えば、夏休みを例に挙げてみます。

夏休みには、学校から大量の宿題を

出されますよね?

 

皆さんは、宿題を

すぐに終わらせますか?

それとも

先延ばしにしていますか?


私は、夏休みが始まって

1週間でほとんどの宿題を

いつも終わらせていました!

 

なぜ、すぐ終わらしていたかというと

いずれはやらなくてはいけないタスクだからです。

 

夏休みが終わる直前に始めるより

最初に頑張ってあとは

自分の好きなように過ごしていた方が

充実した時間を送れると思いませんか?


実は、これは受験勉強にも言えることです。

受験というものは

必ず迎えるもので、

いずれは始めなくてはいけません。

 

始めるタイミングを、

高3年生の4月からやるのか

今のこの時期からコツコツやるかで

だいぶ受験結果が変わってきます。

 

私は、高校一年生の12月に

東進に入学しました。

1年生から入学したというと、

「早すぎる」ということを言われますが、

私は受験勉強に早すぎるなんてないと思います。

 

是非、この春休みで

勉強を“とりあえず”始めてみませんか?

 

始める理由がなくてもいいと思います。

まずは、行動をしてみましょう!

現在、東進ハイスクールでは

無料で新年度特別招待講習

行っております!

 

私たち町田校のスタッフ一同、

皆さんが学習をスタートする

きっかけを作れるように

全力で指導してまいりますので、

皆さんのお申込み心より

お待ちしております‼

申し込みは以下のバナーをクリック!!

 

新年度特別招待講習

 

 

 

2021年 2月 26日 最後まで諦めないで!【東進HS町田校】

 

こんにちは!

町田校担任助手1年の鈴木遥です。

現在、立教大学・コミュニティ福祉学部に通っています。

 

昨日から、国公立大学の2次試験が始まりましたね。

本番で実力を発揮できず、悔しい思いをしている人もいるかもしれませんが、

最後の1校の受験が終わるまで、

諦めずに頑張ってください!

 

私立大学の後期を受験している人も、

最後の最後までチャンスはあります。

ここが正念場です!

会場には行けませんが、

担任助手一同、町田校から応援しています!!

 

さて、今回は、受験が終わった後に忘れないでほしいことを書いておきたいと思います。

 

それはずばり、

「補欠合格の発表日を、全てスケジュール帳に書いておく」

ということです。

 

「せっかく終わったのだから、もう受験のことは考えたくない」

「無駄に期待を持ちたくない」

という思いは痛いほど分かります。

 

私も、昨年の今頃は、MARCHレベルの大学に全て落ちてしまい、

もう大学受験のことは忘れよう!

と遊ぶスケジュールばかりいれていました、、

 

 

しかし、その後、補欠合格で1つ合格をもらい、

 

現在通っている立教大学に関しては、

3月17日にやっと合格しました。

 

私は諦めてしまっていたので、

スケジュールも把握しきれておらず、見ていなかったのですが、

弟が、たまたま気づきました。本当に感謝しています。

(立教大学などは、誰が補欠なのか発表されません。)

 

あの頃を振り返ると、受験が終わって1ヶ月近くたってしまい、

受験期の熱い思いが冷めてしまっていました。

 

大学受験は、追加合格しても、

必ずしも電話や郵送で教えてくれるわけではありません。

 

だから、あのとき、

せっかくもらった合格に気づかなかったら、、

未来が変わっていましたね笑

 

もちろん、無駄に期待を持たせたいわけではありませんし、

たとえ追加で合格しても、お金の問題もあります。

 

しかし、

合格した、という事実に気づかないで、

受験人生を終えてしまうことほど、もったいないことはありません。

 

1発で受かっても、追加で受かっても、

合格は合格です。

 

そのため、追加合格の発表日は全て把握しておき、

追加合格できたら、とてもラッキー、くらいの気持ちで

確認するのを忘れないでほしいなと思います。

 

来年度以降に受験する方は、

自分が受験生になったときに、ぜひ思い出してほしいです!

 

____________

 

現在、東進ハイスクールでは

新年度特別招待講習

お申し込みを受け付けています。


勉強のとっかかりとして、申し込んでみてはいかがでしょうか?

申し込みは以下のバナーをクリック!!

 

新年度特別招待講習

 

2021年 2月 25日 受験を楽しもう!そのためには?【東進HS町田校】

こんにちは!

担任助手町田校1年中島一成です。

現在、

横浜国立大学都市科学部建築学科

に通っています。

 

今日はとうとう国立大学の二次試験です!

東進で担任助手をやっていて、

担当生徒を持っているのですが、

多くの生徒が国立志望なので、

今こうしてブログを書いている間にも、

緊張している生徒が多くいると思うと、

助けてあげたい気持ちが自然とわいてきます!

 

ただ、

メンタルに関しては、

私はメンタリストでもなんでもないので、

どうしてあげることもできないので、

私は校舎で上手くいってほしいと切に願っておきます。

負けるな、受験生!

 

そんな、

受験生が頑張っている中、

今日は国公立志望の人は必見、

副教科大切さについてお話ししたいと思います。

私が通っている横国もそうですが、

国立を受けるうえで欠かせないのが、

副教科勉強です。

 

例えば、

私のような理系で言えば、

国語とか社会ですね。

 

いきなりですが、

副教科を勉強するのに

どんなメリットがあると思いますか?

 

少し考えてみて下さい…。

 

あ、もちろん点数が上がるとかは無しですよ?(笑)

 

私の思う最も大きなメリットは、

受験を楽しめることです。

 

勉強が楽しいなんてことを言い始めると、

変わってるとか、

理解できないなんて言われそうですが、

副教科を真面目に取り組んでみて見ると、

見る世界が変わってきます。

これは本当です!

 

体験談ではありますが、

私は社会科目で、

地理を受験していました。

 

理系といえば、

数学物理化学

計算ばっかで疲れそうですね。

 

そんな中、

地理という科目は計算いらず、

社会科目なのに、

暗記がすくないので、

だんだん解けるようになってくると、

世界に少し詳しくなっていく気がして

楽しいです!

 

実際、

私も息抜きで地理をやっていましたし、

点数は模試でもすごく安定していました。

 

本番でも、

地理は数学理科と並ぶぐらい得点源に出来たので、

楽しく学べて、点数も取れて、

一石二鳥だなと、今でも思っています。

 

これから受験を向かえる生徒は是非、

副教科というものに早めに着手して、

それを心のよりどころ

してみてはいかがですか?

2021年 2月 24日 勉強したくない人必見!【東進ハイスクール町田校】

こんにちは!

東進ハイスクール町田校3年の鈴木美帆です。

中央大学総合政策学部に通っています。

 

皆さん、漢検はご存知ですか?

日本漢字能力検定、通称漢検は、

その名の通り漢字能力を測定する技能検定です。

「読み」「書き」だけでなく、

熟語や部首、四字熟語の知識も問われる試験です。

1級から10級まであり、

級によって出題範囲が変わります。

 

さて、なぜ突然漢検の話をしたかというと、

つい先日私が受検してきたからなんです笑

漢検2級を受検したのですが、

勉強したのに思い出せない!

状態に陥ってしまい

思い出せない漢字があったので

少し悔しいです。

ひとまず結果が来るのを待ちたいと思います。

 

さて、漢検の勉強をしている中で、

私が常々思っていたことがあります。

勉強し続けることって、難しくないですか?

思ったように進まなかったり、

途中で飽きてしまったり。

漢検に限らず、継続すること

何かを学習する上で

最も大事なもののひとつだと思います。

そこで、今日は自己管理の一環として、

「自分を勉強に向かわせるには」

ということについてお話したいと思います。

ついに高校3年生になる現高校2年生や、

新高校2年生目前で今までよりも

内容が難しくなる現高校1年生に、

ぜひ読んでいただきたいです!

 

モチベーション

「今日はモチベーションが上がらないな」

これは、よく言ってしまう言葉だと思います。

実際、私もよくモチベーションを

言い訳にしてしまうことがあります。

では、モチベーションはいつ上がるのでしょうか。

明日?明後日?1週間後?次の定期テストが終わったら?

また、モチベーションが上がる日が

不定期に来る人はどうすればよいのでしょうか。

モチベーションが高い日にだけ勉強する、

ということでは実力は伸びてきませんよね。

 

選択肢

人は、選択肢が増えるほど、

決断することが出来なくなってしまいます。

例えば、1つの選択肢につき1分悩む人がいるとします。

選択肢が2つだったら、全部でかかる時間は2分ですが、

選択肢が60個もあったら、決めるまでに60分もかかってしまいます。

また、選択肢が多すぎると

ストレスに感じてしまうこともあるらしいです。

つまり何が言いたいかというと、

勉強する時には選択肢を減らしてから

取り組んだ方がよいということです。

今日は何をやろうか、

というところからスタートすると、

選択肢が多くなり、

やり始めるまでに時間がかかってしまいます。

あらかじめ、

「英語の単語をこの時間内に200語覚える」

と決めておけば、

迷う余地がなくなるのでストレスも減ります。

 

とりかかりやすさ

選択肢を減らすことに加えて、

その勉強に対する

とりかかりやすさも重要になってきます。

簡単に言えば、

勉強までのステップを減らすということです。

例えば、皆さんはよくスマホを使うと思います。

それは、スマホを使うまでの工程が少ないからです。

取り出す→画面をつける

というステップで使えてしまうので、

ふとした時に見てしまうことが

多いのではないかと思います。

 

それでは、取り出すというステップの前に、

スマホをカバンの底から探す

という工程を入れるとどうでしょう。

少し面倒になりますね。

このように、人はとりかかるまでの

ステップが多いと

面倒だと感じてしまいます。

勉強も同じ。

とりかかるまでのステップを減らし、

勉強する時間になったら

すぐにとりかかれるような

環境をそろえましょう!

 

とりかかりやすくする方法として、

「とりあえず」勉強

をオススメします。

家に帰ったら「とりあえず」その日に勉強したいなと

思っていた問題集などを机の上に開いて置きましょう。

その後、「とりあえず」椅子に座ります。

すぐに始めたくないときは

「とりあえず」問題集を眺めましょう。

これを「とりあえず」1分続けます。

ここまでできたら上出来。

どうしてもやりたくない日は

ここで終わりで大丈夫。

 

でも、眺めている間に、

「これ解けそうだな」「これ忘れているな」

と思った問題があったら、

「とりあえず」その問題を解きましょう。

すると、あら不思議。

自然と勉強する体制になっていませんか?

このように、

自分の意思に関わらず

「とりあえず」体を勉強に向かわせること

結構オススメなので、

ぜひ試してみてください!

 

 

現在東進では、

新年度特別招待講習を行っています。

東進に来るだけで勉強を始めることができるので、

「とりあえず」勉強も

始めやすいのではないでしょうか。

ぜひ一度いらしてみてください!

お待ちしています!

 

新年度特別招待講習