11月 | 2020 | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ 2020年11月の記事一覧

2020年 11月 26日 受験校の決め方について【東進HS町田校】

こんにちは!

担任助手の大迫です。

上智大学機能創造学部に通っています。

最近は更に寒くなってきましたね。

街が冬のようになってきてテンションが上がってきています。

また、クリスマスまで一か月を切りましたね。

受験生はクリスマスがどうこうなど気にせずに勉強に励んでください。

11月も後半に入り、町田校でも受験生は最後のスパートを、

1、2年生は新学年としてのスタート切り始めています。

受験生はもちろんですが、

受験生以外にも志望する大学について真剣に

考え始める人も多いのではないかなと思います。

さて、みなさんは受験する大学はもう決めましたか??

早速ではありますが、

まずは私の併願した大学について紹介したいと思います。

私の場合、早稲田や上智といった

レベルの大学で学びたいという気持ちが強かったため、

早慶上智といった大学を中心にして、

併願校として明青立法中と呼ばれる

レベルの大学を受験しました。

 

受験では自分が行きたい大学の他に、

確実に合格できるような大学を受けて合格を取っておくということが

大事になってきます。

受かっても行く気はないから、受ける必要はないんじゃないか?

と思う人もいるかもしれません。

私も12月ごろまでそう思っていましたが

受験生活を通して意識が変わりました。

受験終盤は精神が不安定になります。

そんな時に、第1志望じゃないとはいえ大学の合格が

1つでも決まるというのは、とても救われます!!

 

なので経験者としては、

受験校決定の際に自分が合格できるレベルの大学を受けるということを

とてもオススメします。

 

そしてもう一つ、

受験校を決める中で重要になることがどんな分野を学びたいかです。

嫌いな分野について四年間学ぶことは苦痛でしかありません。

自分がやりたい分野を考えることで

受験校を絞りやすくなると思います。

 

 

そのため早めに大学で学びたい分野を決めておくことも

受験において大事なことです。

将来自分は何をしたいのか、どうなりたいのか決まっていると

自然と学びたい分野も決まってくるのではないでしょうか?

 

もうすでに行きたい大学や分野が決まってはいるけれど、

勉強に本腰を入れられない!!

まだまだ自分がどんなことを大学でしたいのか分からない!!

と思っている方に良いお知らせがあります。

現在冬期特別招待講習というものを実施しています

これは東進の講座3講座分(90分×5回×3)

をなんと無料で受けられるのです!

さらに大学入学共通テスト同日体験受験

というものも実施するのですが

こちらも無料です!!

 

こんな機会はなかなかないので

ぜひ申し込んでみてください!

お待ちしております!

お申し込みは以下のバナーから!

 

 

 

2020年 11月 22日 あたりまえは本当にあたりまえ?【東進HS町田校】

 

こんにちは!

齊藤祐斗です

青山学院大学教育人間科学部に通っています!

最近、再びコロナの感染が拡大し

東京では2日連続で感染者が500人を超えてしまったようです

今はとても大事な時期になりますので

引き続き対策をしっかり行うようにしましょう!

 

話は変わりますが自己紹介にもあった通り

僕は教育人間科学部に所属しています

授業ではいじめ不登校の問題

ICT教育プログラミング教育の導入

その他諸々、様々な教育問題について取り上げて学んでいます。

今回はその中でも頻繁に取り上げられる

教育格差について」書くので

皆さんにも少し考えてもらおうと思います。

 

皆さんはこれから大学合格を目指して

勉強をしていくわけですが、

どうすれば合格することができるでしょうか?

それは「努力をして勉強をすること」だと思います。

しかし、

それって当たり前の事なのでしょうか。

 

大学進学を果たすには

4つ求められる条件というものがあります

➀意欲・向上心 ②学力

③学習環境 ④経済力(教育費)の4つです

努力して勉強をすることは➀に当てはまりますね

 

今回はその中で④の教育費について話していきます

ここで皆さんに質問をしてみたいのですが

幼稚園から大学まで進学をするには

どれくらいの教育費がかかるか知っていますか?

安いと印象のある国公立の場合でも

幼稚園から大学まで進学すると775万円かかります

ちなみに最強の学費ルート

青学幼稚園457万、慶応初等部946万、

海陽中学889万、川崎医科大学附属高校1540万、

川崎医科大学医学部4550万の

合わせて8377万円らしいですよ笑

 

公立でさえ775万円もかかるって驚きではありませんか?

僕たちが当たり前のように通っている学校ですが

親にはこれだけの金額を負担してもらっているのです。

これだけ教育費が高額であると

家庭環境によっては

大学進学を断念せざるを得ない

高校生がたくさん出てきます。

この子たちは変えることのできない

「生まれ」によって

進路がほぼほぼ定められてしまっているのです

 

授業内で取り上げられた例では

ある子は大学進学を希望しているのですが

シングルマザーの家庭環境であり

母は遅くまで仕事をしているため

兄弟の面倒を見なければならず

自分は勉強ができない、

また高校卒業後は家計を支えるために

就職をしなければならないという子がいました。

 

このように

勉強したくてもできない環境にいる人がたくさんいる中で

皆さんは

当たり前のように東進に通わせてもらっています

大学合格を目指すために

努力はもちろん必要ですが

皆さんはその

努力をすることができる

スタートラインに立たせてもらっているのです

進学したくても金銭的な問題で

進学を選択できない、

つまりスタートラインにすら立てない人がたくさんいます

努力することは決して簡単なことではありませんが

皆さんは努力さえすれば進学することができるのです

そのことを今一度考え直してみてください。

親に高いお金を払ってもらって購入した

講座や高速マスター基礎力養成講座、

過去問演習講座を

きちんと進めることはできていますか?

これだけ良い環境良いコンテンツ

与えられている中で

サボったり全く手に付けないのは

本当にもったいないことだと思います

今の環境が当たり前すぎて

考えた事もないかもしれませんが

自分は恵まれた環境にいるのだということを

頭の片隅に入れてこれから勉強をしてほしいなと思います

きっと今以上に頑張ろうと思えると思いますよ!

全力で努力してください!!

 

つまらない話が長くなってしまいすいません。

最近ずっと金銭に悩みがある子に

どうすれば勉強を出来る機会が与えられるか

考えていたので書かせてもらいました。

と思っていたら東進がその機会を提供していました!

現在冬期特別招待講習というものを実施しています

これは東進の講座3講座分(90分×5回×3)

をなんと無料で受けられるのです!

さらに大学入学共通テスト同日体験受験

というものも実施するのですが

こちらも無料です!!

 

こんな機会はなかなかないので

ぜひ申し込んでみてください!

お待ちしております!

お申し込みは以下のバナーから!

 

 

2020年 11月 21日 目標設定をしよう!【東進HS町田校】

こんにちは!

担任助手2年の守屋です!

本日11月21日は

世界ハロー・デー(World hello day)

だそうです。

1973年の秋、エジプトとイスラエルが
紛争の危機(第四次中東戦争)
となったことをきっかけに制定された記念日です。
世界史を学習している人はおなじみですね!
10人の人に挨拶をすることで、
世界の指導者たちに「紛争よりも対話を」
との意味が込められているそうです。


さて、高校1・2年生の方は
1年後もしくは2年後に
自分の受験勉強におけるゴールを
思い描けているでしょうか?
ゴールを見据えて行動することは
効果的な行動を考える上では不可欠です。

そこで本日のテーマは

目標設定をしよう

です。

目標設定をする理由

そもそも皆さんはなぜ
目標設定をする必要があると思いますか?
それは、
目標に近づくため
ですよね
自分がなりたい姿があれば、
それに向けてすべき事を
「今」ベースで考えることができます。
そこに目標設定をする
理由があるのではないでしょうか?
自分が日々行っている目標設定は
スケジューリングをすることです。
とにかく前もって行動を
決めておく事を意識しています。
予め考えておけば、
決まった事をするだけなので、
行動に移りやすいです。
つまり習慣化してしまうことが大切です!
計画は立てるがなかなか
実行できないという人も、
もっと具体的に考えてみれば
実行にうつりやすくなると思います!

 

目標設定する

それでは次に、実際に目標設定をする時に
気をつけるべき事について
話したいと思います。
前提として
目標を設定する際は
理想とする自分から逆算して
考える様にしてくださいね!

 

ここで1つのフレームワークをご紹介したいと思います。
「SMARTの法則」と呼ばれる
目標設定の際に気をつける5つのことの
頭文字をとって組み合わされたものです。
1つずつ見ていきましょう。

①Specific(具体的である事)

行動のためには明確な目標設定が不可欠です。
受験勉強で言えばどの科目で
何点得点することで合格できるのか。

②Measurable(測定可能である)

設定した目標と実績を照らし合わし合わせ、
今のままで良いのか考えなければなりません。
「今のやり方のままで良いか」
客観的にフィードバックをくれるのは
数値です。
模試などを活用して考えてみましょう。

③Adjustable(調整可能である)

目標設定して行動して行くには
途中で調整も必要です。
その場に応じた正しい設定が
できているか考えましょう。
特に客観的な結果を知った後では
この作業が大事になってきます。

④Realistic(現実的であること)

目指す目標が高いとしても
現実的に考えられた目標でなければ、
達成するのは難しくなります。
高い目標を持つことも大事ですが、
実現可能性にも目を配りましょう。
高すぎる目標は
達成できなかった時に
マイナス思考に陥ってしまいますので注意!

⑤Timely(時間設定)

◯年後の目標を決めたとして、
それを達成しようとするのであれば、
長期的な目標から逆算し、
できるだけ短いスパンで考えることが
大事です。
3年より1年、1年より1ヶ月、
1ヶ月より1週間、1週間より明日と
行動に移せるような目標を決めましょう。

 

いかがでしたでしょうか?
是非参考に目標設定をしてみてください!

さて、目標を立ててみて

受験勉強そろそろ本気でやらないとまずい、、と思った方!

「思い立ったが吉日」です!

今日から行動してみましょう!

東進ハイスクールでは

現在

冬期特別招待講習

のお申し込みを受け付けています。

今なら

最大3講座無料

で受講することができます!
勉強のとっかかりとして、

申し込んでみてはいかがでしょうか?

お申し込みは以下のバナーから!

お待ちしております。

 

 

 

2020年 11月 20日 べき乗効果について【東進HS町田校】

こんにちは!

1年担任助手の芹澤です!

東京工業大学の物質理工学院に通っています!

つい先日、大学入学共通テスト本番まで

2か月をきりました!

受験生の皆さんはしっかりと

勉強を進められていますか?

なかなか学力が上がらず

悩んでいる人も多いと思いますが、

私自身もまだこの時期は

学力が向上せず悩んでいました。

しかし、あきらめずに努力し続けた結果、

ある時急に学力が上がりました!

これはどうやら『べき乗効果』

というものが関係しているようです。

 

受験勉強をすでに始めている人や

スポーツをやっていた人は

一度はこの言葉を聞いたことがあると思います。

これは、勉強やスポーツにおいて、

いくら努力しても最初の方は

なかなか実力が上がらないが、

それでも努力を続けることで

急に実力が上がりだすというものです。

これは本当なのでしょうか?

今回はその『べき乗効果』について詳しく

説明していきたいと思います!

結論から言うと私は本当だと思っています!

普通に考えたら、

勉強すればするほど

学力を上がっていくものなので、

時間に比例して学力は上がっていきます。

しかし、実際にはそうなりません!

最初は、1時間に3しか数学の問題が解けなかったのが、

地道に勉強を続けていくと理解が進み、

1時間に6解けるようになります。

このように学力の向上は

勉強の効率も上げることになるので、

さらなる学力向上につながってきます。

これを繰り返していくことで、

学力は急激に上がるのです!

これが『べき乗効果』の正体だと言われています!

こんな感じで『べき乗効果』が

なぜ起こり得るが分かると

今まで信じることができていなかった人も

信じることができるように

なるのではないかと思います!

ただ、『べき乗効果』があるからと言って、

それを理由にダラダラと勉強し続けていても

学力は一生向上しません!!

この『べき乗効果』といつものは

必死になって毎日コツコツ勉強し、

なかなか成績が伸びなくても

努力し続けた人にのみ効果があるものです!

だからこそ今受験勉強をしている人は

毎日の努力を怠らず頑張り続けてください!

そうはいってもまだ高校12年生の人は

まず何から始めていけばいいのか

が分からないと思います!

そんな人にオススメなのが、

今東進でやっている

冬季特別招待講習です!

少しでも興味がある人はぜひ、下のバナーをクリック!!

 

2020年 11月 19日 【東進HS町田校】朝寝坊?もったいないよ!!

こんにちは!

町田校担任助手の中島一成です。

 

私事ですが、

ブログを書くのにもだんだん慣れてきて、

最近は、

自分の名前にふりがなをふらなくなってきました。

 

私は”なかしまかずなり”という名前なのですが、

中島をなかじまというふうに

読まれることが多々あります。

 

どうやら東日本にはなかじまさんの方が多いらしいです。

だから仕方ないか、

と近頃は思うようにしました。

 

いちいち読み方を訂正するのは面倒くさいものです。

いまブログを読んでくれている人の中にも

こういう経験あるのではないでしょうか??

 


前置きが長くなってしまいました。

今日、

私から早起きについてお話ししたいと思います。

大学入学共通テストまで2ヵ月を切った中、

早起きができないと勉強する時間が

ないアピールをする人がいます。

 

本当にもったいないと思います!

 

人間は先天的に

朝型、夜型に

分類されるという話を聞いたことがありますが、

受験を見据えてそれは都合の良い言い訳にしかなりません。

 

実際、

健康な人、将来的に年収が高い人、貯金の多い人、配偶者がいる人、などなど、

全て朝型の方が多いです。

 

つまり、

将来を見据えても朝方の方が何かと得なのです。

それは受験においても同じだと思います。

 

なによりも、

朝型になりたい人がいる一方で、

夜型になりたい人はほとんどいません。

 

朝起きれないのは睡眠時間が

足りていなかったり何か決定的な理由があると思います。

 

それを今一度見つめなおして探してみてください。

 

でも無理に朝方にするために睡眠時間を削るのはおすすめしません。

勉強の質の低下に繋がるからです。

 

私がおすすめする睡眠時間は6時間と15分の昼寝です。

このサイクルはおそらく

夜型の私でも続けることができたので

実践してみては?