ブログ | 東進ハイスクール町田校|東京都

ブログ 

2014年 8月 9日 低学年のうちにしておきたいこと⑥

こんにちは、町田校担任助手の渡辺です。

 

今日は低学年のうちにやっておくことについて引き続きお話したいと思います。

私が考える低学年のうちにやっておくことは、毎日数分でも勉強するということです!

 

高校1・2年生のみなさん、夏休みに入って、毎日勉強はしていますか?

夏休みは部活に遊びにと、やることが盛りだくさんです。

 気が付くと、宿題・課題が山積みに・・・なんてこともあるんじゃないでしょうか??

 

 夏休みだけではありませんよ!

普段からしっかり毎日勉強することできていますか?

定期テスト前になって焦って勉強する、なんてことありませんか?

 そうすると定期テストが終わると知識が全部飛んで行ってしまいます。

その勉強法、とってもよくないです!!

勉強というのは習慣化しないと成績につながりません。

 

部活をやっているみなさん、大会前に練習をしただけで試合に勝てますか?

むしろ普段の練習の積み重ねが大切になってきますよね?

その勉強の習慣を高校1、2年生のうちからできたらすごくスムーズに受験勉強にも入れると思うんです。

 

ということで、高校1、2年生のみなさん!

今すぐ少しずつ勉強を始めていきましょう!

今の頑張りが将来の自分を助けます。

気づいたときには高校3年生、なんてことになってたら笑えませんよ!

といことで、みなさん今から受験勉強を始めるために、ぜひ東進に足を運んでみてください!

夏期特別招待講習の2講座締切が本日中です!お早めに!!

お申込みはコチラ

2014年 8月 8日 低学年のうちにしておくこと⑤

 

こんにちは!町田校担任助手の高橋です!

今日は私が低学年のうちしておいた方がいい!と強く思ったことについてお話します。

 

それはズバリ… 「学校の授業を聴くこと!」

 

…そう、当たり前のことなんです。

しかしみなさん、本当に授業を集中して聴いていますか?内職したり、居眠りしたりしていませんか?

当たり前の事を当たり前にできることが一番大変で、すごい事だと私は思います。

 

私は高校時代、硬式野球部に所属していました。普段の活動時間以外にも、自主練、ジムなどで野球にかける時間がとても多く、勉強時間があまりありませんでした。

そのなかで私が日々やっていたことが、「授業中に100%理解すること」。

そうすれば復習の時間もいらず、とても効率がいいですよね?

もちろん授業中に100%理解するのは大変だし、集中力が必要です。

でもそれは、受験生になって一番必要なことだとわかりました。

「授業をできる限り吸収する」ことで復習の時間短縮になり、より多く演習時間などにあてられます。

一日の授業を集中しきれないようでは、受験勉強も乗り越えられません。

 

それともうひとつ、「受験に関係ない教科でもしっかり授業を聴いてテストでいい点数をとる」のも大切です。

実際私は今理系ですが、2年生の時に日本史と世界史も必修でありました。しかしテストではいつも80点以上はとっていた記憶があります。それはしっかり勉強したからです。

受験に不必要な教科はどうでもいい…と思っていても、受験では意外なところで使ったりするんです。

 

テスト勉強というのは、知識だけでなく、 ”勉強の仕方”というとても大事なことが身に付きます。

私が受験に成功できたのも、高校1年生からの積み重ねだと思っています!

当たり前だと思うことは、当たり前にこなしていきましょう。そしてその先どう勉強していくかが、受験の分かれ目になっていくと思います!

 

今東進では、夏期特別招待講習を実施しています。

 

苦手な教科を克服したり、得意教科の今よりワンランク上の内容に挑戦したりして、日々の勉強の積み重ねを充実させていきませんか?

 

しかし、講習申し込み期間も8月9日(土)まで!

やるなら今です。受験の一歩を踏み出しましょう!

お申込みはコチラ

2014年 8月 7日 低学年のうちにしておきたいこと④

 

こんにちは!
町田校担任助手の中村です。

本日も低学年の内にしておくべきことについて紹介していきます。


勉強面に関しては英単語を出来る限り覚えていくことだと思います。


僕は受験勉強を本格的に始めたのが高3からでした。

それまであまり、英単語を覚えてこなかったために英語という科目に非常に苦戦しました、、、、


みなさんには自分のようにはなって欲しくないです。
ですので、是非今からでも英単語を一個でも多く覚えていって下さいね。
電車の中や寝る前の数分など、自分の中で時間を決めてしまうのが吉。

その他の面では、やはり夢、やりたい事を低学年の内にみつけておくことです。
自分が大学に入って何をしたいのか、大学を卒業した後何をしたいのかまで考えておくと、勉強のやる気がどんどん出てきます!

ですから、時間がある低学年の内にオープンキャンパスや8月20日にある東進主催の大学学部研究会などに積極的に参加して下さいね!
大学学部研究会では各大学の一流教授を招聘し、最高峰の授業を体験できるというものです。
「大学ってどんなことを学べるのだろう?」と、お考えのあなたは是非ご参加下さい!

しかし、夢ばかり大きくなっても仕方がありません。
やっぱり勉強しなきゃですよね!
現在東進ハイスクールでは高校1、2年生を対象に夏期特別招待講習が実施されています!


この夏最高に頑張りたいそこのあなた!
是非、実施してみて下さい!


お申し込みはコチラ

2014年 8月 6日 低学年のうちにしておきたいこと③

 

 

 

こんにちは!町田校担任助手の雨宮です!

今日も「低学年のうちにしておきたいこと」を紹介します。

私が低学年のうちにしておいて欲しいと思うことは・・・

勉強以外のことを全力でやることです!!

えっ・・・

勉強しなくていいの?

って思わないでくださいね。

勉強はもちろんしてほしいです。

でも、高校生1・2年生の時にしか出来ない事もありますよね?

例えば、部活だったり、文化祭であったり、体育祭であったり。

高校3年生の時には勉強のために犠牲にしなくてはいけない事もたくさんで出てきます。

だからこそ、低学年のうちに高校生活を充実したものにしてほしいと思います!!

今しか出来ない事を全力でやっていきましょう!!


そして!

何でも全力で頑張りたいと思った人にぴったりの

夏期特別招待講習を行っています!

この夏、今やっていることに加えて勉強も頑張ってみませんか?


お申し込みはコチラ

2014年 8月 5日 低学年のうちにしておきたいこと②

こんにちは! 町田校担任助手の秀です。

昨日に引き続き今日も「低学年の内にしておきたいこと」を紹介していきたいと思います。

 

ぼくが低学年のうちにしておいてほしいことは、自分の興味のある分野を見つけておくことです。

自分が現在興味のある分野を見つけて、大学で勉強したいこと、もしくは自分が将来やってみたいことを考えてほしいのです。

 

しかし、自分の興味のある分野なんて簡単にみつからない・・・という方もいると思います。

そんな人たちにやってほしいことがあります。 それはズバリ!読書です!!!

読書には自分の知らない世界を知る機会が多く含まれています。 自分の興味のある本を読むのはもちろん、自分の興味のない分野を読むことでも新たな発見が必ずあります。 ぜひ低学年の内に自分の視野を広げておきましょう!!

 

さて、現在東進では夏期特別招待講習を行っております。 受験勉強の第一歩のきっかけとしてみてはいかがでしょうか?

お申し込みはコチラ